レーシックとは

レーシック,視力回復,視力矯正,レーシック手術,レーシック保険,レーシック東京,レーシック眼科,レーシック大阪

レーシック(LASIK)とは、レーザーで視力を回復させる手術のことです。

LASIKは、"Laser in situ Keratomileusis"の略で、
ギリシャ語でKeratosは角膜、Mileusisは修正するという意味があり、直訳すると”レーザーで角膜を調整する”ということです。つまりレーシックは、眼の角膜の形状を変えることにより、屈折力を変化させて視力を回復させるのです。

レーシックの最大のメリットは、裸眼の視力を回復させることです。メガネやコンタクトのわずらわしさから解放され、文字通り視界が開けてきます。

レーシックは、1995年にアメリカで認可されてからメガネやコンタクトレンズに替わる、第3の視力矯正法として急速に広まっていて、アメリカでは年間130万件以上も手術が行われています。

日本では、2000年に厚生労働省により認可されたことで、一般に普及し始めました。また、近年、タイガーウッズや松坂大輔投手など、多くの著名人がレーシックを受けたことにより日本でもポピュラーになりつつあります。
スポンサードリンク
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。