レーシックのデメリット

レーシック,視力回復,視力矯正,レーシック手術,レーシック保険,レーシック東京,レーシック眼科,レーシック大阪

レーシックは、様々なメリットがありますが、歴史が浅い技術のためデメリット(リスク)もいくつか指摘されています。

大きなデメリットとして挙げられるのが、上述のとおりレーシック手術の歴史の浅さです。レーシックはまだ10年程度の実績しかないため、今後20年、30年と経ったのちの目の状態が危惧されています。

そのほか、レーシック手術後に視力が元に戻ったり(再手術で回復可能)、夜間の光がにじんで見えたり、まぶしく感じられるハロー・グレア現象、目の充血などの合併症が発生する可能性があります。

■レーシックのデメリット

・失敗のリスクがゼロではない。
・長期に渡る安全性が検証されていない。
・十分な回復が見込めない場合がある。
・コントラスト感度が低下する。
・ハロ・グレアが高い確率で発生する。
・目が乾きやすくなる。
・眼鏡やコンタクトを使用したときの視力はかえって低下することがある。
・手術した後は元に戻せない。
・角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。
・近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられず、また老眼になることに変わりはないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。
・航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)
・白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある
・金額が高額(20〜100万円)
・医師の技術やレーザーの精度にむらがあり、回復具合が異なる。
スポンサードリンク
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。