レーシックで失明しませんか?

レーシック,視力回復,視力矯正,レーシック手術,レーシック保険,レーシック東京,レーシック眼科,レーシック大阪

レーシックは、眼球ではなく角膜の手術なので、一般的に失明することはありません。

レーシック手術で使用されるエキシマレーザーは、1995年にアメリカのFDA(米国食品医薬品局)で、日本においては厚生労働省が2000年に承認されており、適切にエキシマレーザーによる手術が適正に行われれば、安全性においては問題はないという扱いを受けています。

また、近年レーシック手術で利用される機器の性能と執刀医の技術は向上しており、レーシックの安全性はより高くなっています。実際にこれまでレーシック手術は、全世界で数百万人以上が受けていますが、アメリカ、日本を含め失明の症例は一つもありません。

※レーシック手術後、まれに夜間の光がまぶしく感じられたり、ドライアイになったりといった合併症になることはあります。
スポンサードリンク
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。