レーシックの合併症には、どんなものがありますか?

レーシック,視力回復,視力矯正,レーシック手術,レーシック保険,レーシック東京,レーシック眼科,レーシック大阪

レーシックは、安全な視力矯正手術ですが、わずかな割合で、レーシックの手術後に合併症が発症する可能性があります。

合併症の発生は、米国の統計では全体の1%以下に過ぎませんが、 レーシックを受けようとする方は、しっかりと理解しておく必要があります。

合併症にはいくつかの症状があります。万が一、合併症が発症した場合は、その症状に適した対処法や治療、あるいは再手術を行います。 合併症から失明に至るというケースはなく、時間を置くか、治療によって回復するとされています。



眼がしみる、異物感がある
ほとんど翌日までに消失します。


見えにくさ
手術直後は、手術中の操作によって角膜表面が荒れているため、かすんで見えます。半日経って視力が安定すれば改善します。


視力の安定に時間がかかる
高齢の方、または近視・乱視の度合いの強い方は、視力が安定回復するまでに1ヶ月から2ヶ月を要する場合があります。


白眼の出血
フラップ作成の際マイクロケラトームを眼に強く固定するため、白眼の部分の血管が傷ついて出血することがありますが、1〜2週間で自然治癒します。


夜間のにじみ、見えにくさ
夜間に光がにじんで見える症状は、特に夜間の瞳孔径が極端に大きい人が出やすく、明るい場所 (昼間) よりも暗い場所 (夜間) で視力の低下を感じることもあります。


ドライアイ
レーシック手術後、2ヶ月から3ヶ月ほど、眼が乾燥しやすい状態になります。 これは一過性のもので、ドライアイ治療の点眼薬で治癒します。


フラップのずれ、シワ
レーシックの手術後、早い時期に眼をぶつけたり、強くこすったりすると、フラップがずれたり、しわができる場合があります。 眼が霞んで見えたり、白いもやがかかった状態を感じますが、数日以内に整復すれば治りますので、すぐ医師の診察を受けてください。


矯正誤差
レーシック手術の結果、期待していた視力よりも近視寄りあるいは遠視寄りに矯正されることがあります。理由はいろいろですが、レーザー照射時の角膜の水分量及び傷の治りの個人差・年齢差などが関係しているようです。再手術は可能ですが、患者さんの眼の状態にもよりますので眼科専門医の診断を受けましょう。


近視の戻り
術後は正視だった視力が、しばらくして屈折変化して、視力がやや元に戻るという症状です。原因はよくわかっていませんが、パソコン作業など近視になりやすい生活を続けていると、近視に振れる可能性は考えられます。
強度の近視・遠視を矯正した人ほど可能性が高く、戻りの程度によっては再手術を行います。多くのクリニックが再手術率が約5%の割合であるとしており、一定期間は無料で施術しています。


フリーフラップ
角膜が小さい、あるいは角膜の形状が平らな眼に起こることがあるのですが、フラップを作る際に繋ぎ目 (ヒンジ) が作成できず、フラップが切り離されてしまうことがあります。しかし切り離したフラップの管理をきちんと行い、レーザー照射後元通りに戻せば、その後の癒着、視機能にまず問題はありません。


老眼
40歳以上の人がレーシックを受けると、それまで自覚症状のなかった老眼 (近くが見えにくい状態) を自覚する場合があります。45歳を過ぎた人なら、手術後すぐに老眼鏡が必要となる事もあります。
スポンサードリンク
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。