レーシックの種類

レーシック,視力回復,視力矯正,レーシック手術,レーシック保険,レーシック東京,レーシック眼科,レーシック大阪

視力矯正手術(屈折矯正)は、レーシックが最もポピュラーですがその他にもいくつか種類があります。それぞれ長所短所があり、患者の目の状態などによって使い分けが行われています。


レーシック(LASIK)
マイクロケラトームという機材でフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射する手術方法。最も一般的な手術方法です。


イントラレーシック(Intra-LASIK)
INTRALASE社の開発したフェムドセカンドレーザーでフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射する手術方法です。レーシックに比べフラップが薄く作れ、またプログラム制御のため角膜の形状に応じた適切なフラップが出来るとされる一方で、まだ新しい技術であり利用を見合わせている病院もあります。


エピレーシック(Epi-LASIK)
エピケラトームという機材でフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。レーシックに比べフラップを薄く作れるため角膜が薄い人にも適用可能です。ただし、レーシックに比べて痛みがあり、治りが遅いと言われています。


ウェーブフロントレーシック(Wavefront-LASIK)
術前検査の際にウェーブフロントアナライザーという機器で、より正確に角膜の収差(歪み)を解析したデータを用いて行うレーシックのことです。イントラレーシック、エピレーシック、PRKやLASEKなどと組み合わせることも可能です。従来のものよりもブレが抑えられ、不正乱視にも対応できるといわれています。しかし、ウェーブフロントアナライザーを使うと追加費用がかかることが多いようです。


ラセック(LASEK)
アルコールを使用し角膜上皮を柔らかくすることにより、フラップをめくってエキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。レーシックに比べフラップを薄く作れるため角膜が薄い人にも適用可能です。


ピーアールケー(PRK)
レーザーにより角膜上皮を取り除き、エキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。格闘技を行われる方などハードなスポーツを行われる方はフラップを作成しないPRKが適しています。


フェイキックIOL(PhakicIOL)
フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)と呼ばれる眼内レンズを角膜と虹彩の間に挿入することにより、光の屈折を変えて近視、乱視、遠視を治療します。レーシックでは治すことが難しい強度近視や角膜が薄い場合でも治療が可能です。
スポンサードリンク
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。