レーシックの種類

視力矯正手術(屈折矯正)は、レーシックが最もポピュラーですがその他にもいくつか種類があります。それぞれ長所短所があり、患者の目の状態などによって使い分けが行われています。


レーシック(LASIK)
マイクロケラトームという機材でフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射する手術方法。最も一般的な手術方法です。


イントラレーシック(Intra-LASIK)
INTRALASE社の開発したフェムドセカンドレーザーでフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射する手術方法です。レーシックに比べフラップが薄く作れ、またプログラム制御のため角膜の形状に応じた適切なフラップが出来るとされる一方で、まだ新しい技術であり利用を見合わせている病院もあります。


エピレーシック(Epi-LASIK)
エピケラトームという機材でフラップを作り、フラップをめくってエキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。レーシックに比べフラップを薄く作れるため角膜が薄い人にも適用可能です。ただし、レーシックに比べて痛みがあり、治りが遅いと言われています。


ウェーブフロントレーシック(Wavefront-LASIK)
術前検査の際にウェーブフロントアナライザーという機器で、より正確に角膜の収差(歪み)を解析したデータを用いて行うレーシックのことです。イントラレーシック、エピレーシック、PRKやLASEKなどと組み合わせることも可能です。従来のものよりもブレが抑えられ、不正乱視にも対応できるといわれています。しかし、ウェーブフロントアナライザーを使うと追加費用がかかることが多いようです。


ラセック(LASEK)
アルコールを使用し角膜上皮を柔らかくすることにより、フラップをめくってエキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。レーシックに比べフラップを薄く作れるため角膜が薄い人にも適用可能です。


ピーアールケー(PRK)
レーザーにより角膜上皮を取り除き、エキシマレーザーを照射します。術後は角膜の上皮が再生するまで保護用コンタクトを装用します。格闘技を行われる方などハードなスポーツを行われる方はフラップを作成しないPRKが適しています。


フェイキックIOL(PhakicIOL)
フェイキックIOL(有水晶体眼内レンズ)と呼ばれる眼内レンズを角膜と虹彩の間に挿入することにより、光の屈折を変えて近視、乱視、遠視を治療します。レーシックでは治すことが難しい強度近視や角膜が薄い場合でも治療が可能です。

レーシックとは

レーシック(LASIK)とは、レーザーで視力を回復させる手術のことです。

LASIKは、"Laser in situ Keratomileusis"の略で、
ギリシャ語でKeratosは角膜、Mileusisは修正するという意味があり、直訳すると”レーザーで角膜を調整する”ということです。つまりレーシックは、眼の角膜の形状を変えることにより、屈折力を変化させて視力を回復させるのです。

レーシックの最大のメリットは、裸眼の視力を回復させることです。メガネやコンタクトのわずらわしさから解放され、文字通り視界が開けてきます。

レーシックは、1995年にアメリカで認可されてからメガネやコンタクトレンズに替わる、第3の視力矯正法として急速に広まっていて、アメリカでは年間130万件以上も手術が行われています。

日本では、2000年に厚生労働省により認可されたことで、一般に普及し始めました。また、近年、タイガーウッズや松坂大輔投手など、多くの著名人がレーシックを受けたことにより日本でもポピュラーになりつつあります。

レーシックのメリット

レーシックで得られる最大のメリットは、裸眼で生活できるということです。コンタクトやメガネのわずわらしさがなくなります。

特にコンタクトは、毎日の洗浄・消毒に手間と時間がかかりますし、長時間つけっぱなしにしたときの感染症のリスクもあります。また、コンタクトを長期間購入したときの金額は、レーシック手術費よりも高額になることがあります。

スポーツをする方は、目がよく見えることによって技術が向上したり記録が伸びたりすることもあります。事実、プロゴルファーのタイガーウッズは、レーシック手術をしたことでスコアが伸びています。これ以降、松坂大輔投手などのプロスポーツ選手がこぞってレーシック手術をしています。

そのほか、メガネが不要になることで顔の印象が明るくなったり、目を細めることもなくなり目が大きく見えたりするなどの外見上のメリットもあります。


■レーシックのメリット

・裸眼でクリアに見える
・コンタクトやメガネのストレスからの開放
・手術後すぐに視力が回復する
・手術が簡単(日帰りで約15分〜20分)
・手術中の痛みがほとんどない
・長期的にみてコンタクトより低価格
・外見の印象が明るくなる
・朝起きて視界がクリア
・目が疲れにくくなる
・スポーツを思いっきり楽しめる

レーシックのデメリット

レーシックは、様々なメリットがありますが、歴史が浅い技術のためデメリット(リスク)もいくつか指摘されています。

大きなデメリットとして挙げられるのが、上述のとおりレーシック手術の歴史の浅さです。レーシックはまだ10年程度の実績しかないため、今後20年、30年と経ったのちの目の状態が危惧されています。

そのほか、レーシック手術後に視力が元に戻ったり(再手術で回復可能)、夜間の光がにじんで見えたり、まぶしく感じられるハロー・グレア現象、目の充血などの合併症が発生する可能性があります。

■レーシックのデメリット

・失敗のリスクがゼロではない。
・長期に渡る安全性が検証されていない。
・十分な回復が見込めない場合がある。
・コントラスト感度が低下する。
・ハロ・グレアが高い確率で発生する。
・目が乾きやすくなる。
・眼鏡やコンタクトを使用したときの視力はかえって低下することがある。
・手術した後は元に戻せない。
・角膜中心部の曲率しか変わらないので、夜間瞳孔が開くと角膜周辺部の術前と変わらぬ曲率をもつ部分を通った光線が網膜に到達するようになり、二重像を生じることがある。
・近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられず、また老眼になることに変わりはないので、一生に渡って眼鏡が不要になるわけではない。
・航空身体検査基準に不適合となる(パイロットになれない)
・白内障手術の際、眼内レンズの度数ずれをおこすことがある
・金額が高額(20〜100万円)
・医師の技術やレーザーの精度にむらがあり、回復具合が異なる。

レーシックの歴史を教えてください。

レーシックの歴史は10年程度ですが、屈折矯正手術の歴史は1869年までさかのぼります。


1800年代後半
角膜を切開して、屈折率を変えるという発想がありました。


1939年
日本の佐藤氏が初めて角膜を切開しての近視矯正手術に成功。角膜の両面に放射状の切開(RK)を行う方式世界的に高い評価を受けるも、時間経過とともに角膜の混濁することが明らかになる。


1972年
ソ連のFyodorov氏が、角膜の前面のみ切開(RK)する新しい方式での屈折矯正手術に成功。これにより、角膜混濁の問題が解消される。しかし、精度がよいとは言えず広くは浸透せず。

1980年代
アメリカで開発された「エキシマレーザー」が屈折矯正手術に使用され始める。ミクロン単位の正確さで、生体組織の切開や切除ができるようになる。

1988年
McDonald氏がアメリカで初めて、PRK(Photorefractive Keratectomy)を行う。角膜を切開するRK方式よりも、精度の高いPRK方式が主流になる。

1990年
ギリシヤのPallikaris氏が、初めて「レーシック」を行う。
 

1995年
FDA(アメリカ食品医薬品局)がエキシマレーザー治療による屈折矯正手術を認可。しかし、屈折矯正手術の主流はまだPRK方式だった。


1998年
レーシック方式がPRK方式を上回り、主流になる。視力の回復が早く、術後の痛みが少ないことが評価される。


2000年
日本の厚生労働省が、エキシマレーザーによる屈折矯正手術を認可。日本でもレーシックが受けられるようになる。




PRKが主流となっていた1996年〜1997年前半は、症例数も少なかったのですが、1997年後半よりレーシック手術が広まり、驚異的な伸びを示すようになりました。

1999年から症例数は飛躍的に伸びていて、2005年アメリカでは、130万症例を超すレーシック手術が行われています。

アジアの中でも韓国では、早くからエキシマレーザーが導入されており、台湾、シンガポール、そして国産のエキシマレーザーを開発した中華人民共和国でもPRK、レーシックが行われ始めました。

日本では、2000年に2万人、2005年には7万人がレーシック手術を受けています。

レーシックを受けた有名人

レーシックは、多くの有名人・芸能人が受けています。特にプロスポーツ選手にとって目は記録を伸ばす大切なものなので多くの方が手術されています。


プロ野球選手
松坂大輔、豊田清、西崎幸広、土橋勝征、藤井秀悟、稲葉篤紀、後藤孝志、 高橋尚成、藪恵壹、後藤光尊


プロゴルファー
タイガーウッズ、 小達敏昭、中嶋常幸 、友利勝良 、尾崎健夫、 西川哲、芹澤信雄、片山真里、片山晋呉、岩間健次郎、小達敏明


歌手・俳優・タレントなど
陣内智則、倖田來未、乙葉、柴田英嗣(アンタッチャブル)、ブラッドピット、ミミ・ロジャース、コートニー・コックス、シンディー・クロフォード、ラサール石井、鴻上尚史、デビット伊東、秋本奈緒美、マッスル力也、松方弘樹、山崎裕太、阿藤快、青島健太、石川敏男、野々村俊恵


その他・著名人
カルロスゴーン、中谷彰宏、角田信明、吉本ばなな、さくらももこ、土屋圭市、山口かつみ、マイク山森、海和俊宏 、プリンスケニーG
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。