レーシックでどのくらい視力が回復しますか?

レーシック手術前に目標の視力を決め、コンタクトやメガネをかけたときの視力まで回復します。回復具合には個人差がありますが、レーシックをした95%以上の方が1.0以上まで回復しています。

レーシックの手術後すぐに視力が回復しますか?

レーシック後、ほとんどの方は1日で目標視力まで視力が回復します。
個人差があるものの、レーシック手術当日はかなりかすんだ状態になります。また、レーシック手術後数週間は視力がやや不安定になったり、違和感を感じることもありますがこれは一時的なもので、徐々にその症状はなくなり1ヶ月後には視力は安定します。レーシック近視矯正手術で視力回復することができます。レイシックlasikとも言われます。東京大阪福岡などでレーシックができます。

レーシックで回復した視力は後で元に戻りませんか?

レーシック手術後、6ヶ月〜1年経過したのちに近視の戻りが起こる場合があります。
また、レーシック手術後に目を酷使したりすると回復した視力が元に戻りやすくなります。近視の戻りがひどい場合は、再手術を行うこともできます。各レーシック眼科により対応が違いますので、よく確認しておくことが必要です。
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。