レーシックが受けられない状態はありますか?

レーシックは、以下の条件に当てはまる方は手術することはできません。

・未成年の方
・緑内障、白内障、円錐角膜、ぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜縁を起こしたことのある方
・角膜疾患を起こす恐れのある薬剤を服用中の方
・妊娠中、授乳中の方
・全身に重篤な病気がある方
・糖尿病、膠原病などがある方
・角膜の内皮細胞が極端に少ない方
・角膜が極端に薄い方

しかし、目の状態や医師の判断により、レーシック手術が可能な場合もあります。

片目だけでもレーシックはできますか?

レーシックは、片目だけの治療ができます。

レーシックは、左右の視力のバランスが悪い方には特に効果的です。片目だけ視力が良いと、無意識に良い方の目ばかり使うようになるため、疲労がたまりやすくなります。レーシックにより両眼の視力のバランスを調整することができます。

また、片目だけの治療の場合、費用が両眼の半額程度になります。

レーシックで老眼も治せますか?

残念ながら老眼は、レーシックで矯正することはできません。

老眼(老視)は近視・乱視などの屈折異常とは原因が異なり、ピント合わる水晶体が硬くなるという老化現象に問題があるため、レーシックなどの手術では老眼を矯正することはできません。

ただ、老眼(老視)の方でも、近視や乱視に対しての矯正は可能ですので、レーシックで視力を回復することはできます。

レーシックで乱視も治せますか?

レーシックは、乱視も治すことができます。

レーシックはもともと近視や遠視を矯正する手術のことですから、乱視の方はレーシックが特に有効です。乱視とは、角膜のゆがみによって物が2重に見えたりする状態ですがレーシックにより、このゆがみを矯正しピントを正確に合わせることで乱視を治すことができます。
レーシック,視力回復,近視矯正,lasik

花粉症でもレーシックを受けられますか?

レーシックは、花粉症やアレルギー性結膜炎がある方でも可能です。

しかし、レーシック手術後1ヶ月間は、目をこすることができないため、花粉症の症状が軽い時期に手術を行うことが薦められます。

レーシックに年齢制限はありますか?

レーシック手術を受けられる年齢は、一般的に20歳〜60歳とされています。

しかし、職業的な理由で裸眼視力を必要とするような場合には、未成年でも親の同意があればレーシックを行うことは可能です。また、60歳を過ぎた高齢の方でも、目の健康状態が良好であれば手術可能な場合もあります。

レーシックは、ドライアイでも受けられますか?

ドライアイでもレーシックを受けることは可能です。

ドライアイでコンタクトが付けられないという方は、レーシックが効果的です。レーシックにより、コンタクトやメガネのわずらわしさから解放されます。
ただし、レーシックによってドライアイが完治するわけではなく、裸眼でコンタクトやメガネをかけた場合と同程度の視力に回復するということです。また、極度のドライアイの場合は、レーシックが受けられない場合もあります。

レーシックは、妊娠中でも受けられますか?

レーシックは、妊娠中、または授乳中の方は手術することはできません。

これはレーシックで使用される薬が胎児へどのような影響があるか不明であることと、妊娠中はホルモンバランスが不安定なため、体への悪影響が心配されるからです。

出産後または授乳後3ヶ月以上経過してからレーシックが受けられるようになります。

レーシックは未成年でも受けられますか?

レーシックは、基本的に18歳以下の方は受けることができません。

近視は通常10代後半から20代前半に進行が止まるので、近視の進行が止まっていない18歳以下の方の眼をレーシックで矯正しても、また近視になる可能性があるためです。

しかし、適応検査の結果、問題がなければレーシック手術が可能な場合もあります。未成年の方が手術を受けられる場合は保護者の同意が必要です。
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。