レーシックの費用はいくらですか?

レーシックにかかる費用は、両眼20〜50万円が相場です。

レーシックには健康保険を適用することはできず、すべて自己負担の自由診療となります。そのため、各レーシック治療院のエキシマレーザーの性能、医療機器や人件費、広告費などにより価格は大きく変化します。

近年レーシックは、価格競争が激化しており数年前と比べてもずいぶん価格は下がってきています。また、レーシック治療院によってはクーポン割引、学割、交通費支給、紹介制度などのサービスもあります。

レーシックは保険が適用されますか?

レーシックの手術は、自由診療となり、健康保険は適用されません。よって検査や手術などにかかる費用は、全額個人負担となります。

しかし、一部の生命保険や医療保険では、レーシック(レーザー屈折矯正手術)が手術給付金の対象となっています。支給額は、各保険会社により変わりますが3〜10万円程度が支給されます。給付が受けられるか否か、加入している保険会社へ問い合わせる必要があります。

給付金が支払われると判明した場合、医師の診断書が必要となります。保険会社から給付金申請用の診断書フォームを入手し、クリニックに診断書の作成を依頼します。できた診断書を保険会社に提出することで給付金が支払われます。

詳細は保険会社や医院・クリニックに確認してください。

レーシックは医療費控除の対象になりますか?

レーシックは、医療費控除の対象となる場合があります。

1年間で、本人または生活を共にしている家族が払った医療費が10万円を越えた場合、確定申告で税金が戻ってくる可能性があります。

レーシックが、その対象となるか否かは個々の事情により異なりますので、詳しくは税務署に問い合わせる必要があります。申告する際の必要書類として、治療費や手術費のレシート、領収書の提出が必要になります。
レーシック,視力回復,近視矯正,眼科,レイシック,手術,lasik,体験談,レーシック東京,レーシック大阪
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。